CessnaPort-Books

〜歴史と文化のモダニティ〜

カリフォルニアの有名なチョコレートSee's Candies

See's Candiesの歴史

カリフォルニア土産といえば、これを挙げる人が多いのではないでしょうか、See's Candiesのチョコレート。というより、私はこれ以外のカリフォルニア特有のお土産を知りません。でも、食べたことがある人はわかると思いますが、本当に美味しいですよね。海外のチョコらしい甘さと、アメリカらしい少し大きめのサイズ感がたまりません。買って帰る時はだいたい、誰にあげても外れのない定番のTRUFFLESというアソートを選んでしまうのですが、実はそれ以外にも100種類以上のラインナップがあるそうです。地元の人に聞いた話ではTOFFEE-ETTESという、チョコの粒にアーモンドのチップをまぶし、中にもアーモンドの実が入っているスイーツが人気だそうです!

 

さてWikipediaによると、See's Candiesの発祥は1921年。カナダから移住してきたCharles Alexander Seeが彼の母Mary Seeの考案したレシピを元に店を開いたのが始まりだそうです。それから着実に店舗数を拡大し、1920年代半ばにはすでに12店舗を構えるまでになっていたそう。彼らは1972年に、店をかの有名な Warren Buffettが率いるBerkshire Hathawayに売却(自分たちの名前を冠して、大事に育て上げた会社を他人に売却してしまうのはいかにもアメリカらしいですね)。そのWarren Buffettが「アメリカン・ドリームの典型」("the prototype of a dream business.")と語るほど、See's Candiesはいかにもアメリカらしい成功を遂げたスイーツ店なのでした。

ちなみに日本にも、銀座にSee's Candiesの数少ない海外支店があったようなのですが閉店してしまいました。今では本国でしか買うことができません。

 

参考:

www.sees.com

https://en.wikipedia.org/wiki/See's_Candies